コラム|大森駅の歯科・歯医者【大森わたなべ歯科】

〒143-0016
東京都大田区大森北1-8-13
カスタリア大森Ⅱ 2階

tel:03-5764-5555

診療時間
10:00~13:00
14:30~19:00

土曜日午後のみ14:00~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

コラム

歯周病が疑われる症状について

皆さんこんにちは。

大森わたなべ歯科です。

 

歯周病は、単に歯茎が腫れるだけの病気ではありません。

 

それ以外にもさまざまな症状が現れ、最終的には歯が抜け落ちる怖い病気です。

 

同時に、自覚しにくい病気としても有名です。

 

そこで今回は、歯周病を早期に発見するために、どのような症状が現れたら歯周病なのかをわかりやすく解説します。

 

歯茎が赤く腫れる

歯周病の最もポピュラーな症状は、歯茎の発赤と腫脹です。

 

つまり、歯茎が普段よりも赤く腫れているようであれば、まず歯周病が疑われます。

 

本来、歯茎というのはきれいなピンク色をしているのですが、歯周病菌に感染して炎症反応が生じると、赤く腫れるようになります。

 

歯茎から出血する

歯磨きのあとに歯茎から出血が認められる場合も歯周病が疑われます。

 

歯茎に炎症が起きると、組織自体がブヨブヨに膨らみ、外からの刺激でダメージを受けやすくなっているのです。

 

歯磨きをしたあと以外にも普段から出血が認められる場合は、もっと重症な全身の病気も疑われますので、いずれにせよまずは歯科を受診しましょう。

 

歯茎から膿が出る

歯茎から黄色い膿が出ている場合、かなり進行した歯周病が疑われます。

 

歯茎や顎の骨の中でたくさんの細菌が繁殖し、溢れ出ることで膿が排泄されます。

 

できるだけ早く治療を受ける必要があります。

 

歯がグラグラと揺れ動く

指などで触れてみて、歯がグラグラと揺れ動く場合は、いよいよ歯周病の末期症状です。

 

歯を支えている歯茎や歯槽骨がボロボロになり、支持する機能を失いかけています。

 

こうした症状が認められるのであれば、一刻も早く歯科治療を受けることが大切です。

 

まとめ

このように、歯周病では実に多様な症状が現れてきますので、何か違和感が生じた時点で当院までお越しください。

 

歯周病の発券が早ければ早いほど、完治する可能性も高まります。

 

治療を行うのが遅れると、歯を抜かざるを得なくなりますので注意しましょう。

 

天然歯は一度失うともう二度と元には戻せない大切なものです。

 

出来る限り保存できるよう、努めることが大切です。