コラム|大森駅の歯科・歯医者【大森わたなべ歯科】

〒143-0016
東京都大田区大森北1-8-13
カスタリア大森Ⅱ 2階

tel:03-5764-5555

診療時間
10:00~13:00
14:30~19:00

土曜日午後のみ14:00~18:00
休診日:木曜・日曜・祝日

コラム

口腔外科と外科の違いってなに?

 

外科といえば、医科の診療科を思い浮かべる人が多いかと多いため、口腔外科と聞いても、お医者さんがいるところと思われがちです。

 

そんな口腔外科は、歯科の診療科のひとつで、歯医者さんしかいないのですが、外科とはどのような違いがあるのか気になりますよね。

 

外科は全身の病気を治療するところ

 

外科というのも実は診療科の総称でしかなく、その中には消化器外科や呼吸器外科、心臓血管外科など、治療対象となる臓器によってその名称も変わってきます。

 

ですから、「外科」というシンプルな名称の診療科は存在せず、かなり細かく細分化されているのが現実といえます。

 

ただ、簡単にいうと外科は全身の病気を治療するところ、と表現することができます。

 

口腔外科は口腔周囲の病気を治療するところ

 

口腔外科は、その名の通り口腔周囲の病気を治療するところです。

 

歯や口腔粘膜だけでなく、顔面や首、頭などの病気、外傷なども場合によっては治療を行います。

 

ですので、専門的に「頭頸部(とうけいぶ)」が治療の対象となっています。これが外科との大きな違いですね。

 

けれども、外科という大きなくくりの中のひとつの領域と捉えることもできます。

 

がんの治療も行う

 

口腔外科では、親知らずの抜歯のような外科処置だけでなく、口腔がんの治療も行うことがあります。

 

一般歯科では取り扱わない病気なので、口腔外科ならではといえますね。

 

その他、外科手術を必要とする顎変形症交通事故による外傷なども治療することがあります。

 

ただ、こういった病気や外傷を治療するには、大きな設備やたくさんの人員が必要となるため、一般の歯科医院で行うのは難しいといえます。

 

当院のように、親知らずの抜歯等をメインに行っている開業医が多数を占めます。

 

まとめ

 

このように、口腔外科というのは、どちらかというと医科の外科に近い診療科ですが、口腔周囲の病気のみを治療対象としています。

 

親知らずの抜歯や外傷などでお困りの際には、ぜひ当院までお越しください。